Duplo
お問い合わせ

アジア原紙の会社案内/創業からの沿革

会社案内

沿革

> 会社案内TOPへ

1968(昭和43)年11月 資本金を2,000万円に増資
1972(昭和47)年5月 岐阜市危険物安全協会より、危険物施設優良事業所の表彰を受賞
1976(昭和51)年4月 資本金を3,000万円に増資
1976(昭和51)年11月 岐阜北税務署長より制度変更後、初の優良法人表敬状を受賞、以後見直し年毎に連続受賞
1977(昭和52)年10月 放電式ビニールファックス原紙を新発売
1981(昭和56)年5月 日本ボイラー協会よりボイラー設備管理優良事業の表彰を受賞
1982(昭和57)年10月 岐阜労働基準局長より労働安全衛生に関する努力賞を受賞
1983(昭和58)年10月 フラッシュ式サーマル原紙を新発売
1984(昭和59)年4月 創業50周年を記念し、東京都墨田区両国4丁目31-14に東京支店ビル(アジアビル10F)を新築し、同時に岐阜市に消防広報車1台を寄附
1986(昭和61)年9月 デジタルマスターを新発売
1990(平成2)年2月 岐阜市に消防広報車を1台寄附
1993(平成5)年12月 資本金を6,000万円に倍額増資
1994(平成6)年10月 美濃市に「美濃和紙の里会館」建設費用の一部を寄附
1994(平成6)年12月 創業60周年を記念し、岐阜市に消防広報車1台を寄附
1995(平成7)年1月 デジタルインクを新発売
1995(平成7)年3月 インク工場及び商品の配送センターとして、岐南事業所を新設
1995(平成7)年9月 岐南事業所インク工場操業開始
1998(平成10)年6月 品質マネジメントシステム1994年版ISO9002の認証を取得
2000(平成12)年9月 品質マネジメントシステム2000年版ISO9001の認証を取得
2004(平成16)年5月 創業70周年を記念し岐阜市に消防広報車を寄附
2004(平成16)年10月 株式会社デュプロと資本提携
2010(平成22)年6月 品質マネジメントシステム2008年版ISO9001の認証を取得
2014(平成26)年6月 創業80周年を記念し、社員旅行を実施
TOPICS

美濃和紙の里会館建設費用の一部を寄附

2014年11月、「美濃和紙」のブランドで知られる本美濃紙が「和紙日本の手漉(てすき)和紙技術」としてユネスコの無形文化遺産に登録。日本伝統の文化がまたひとつ、世界共通の財産になりました。本美濃紙は、原料となる楮を手間ひまかけて処理し、手漉きしたもの。天然素材ならではの風合いや光沢が美しく、薄くても丈夫であることから、「うちわ」「御神輿」「ランプシェード」「花器」など、多種多様な使われ方をしています。 当社は紙を扱う企業であり、また、創業者が美濃市の出身であったことから縁を感じ、1994(平成6)年の「美濃和紙の里会館」建設に際して建設費用の一部を寄附させていただきました。

▲美濃市より受領した感謝状。こちらも美濃和紙でできています。